ラクティウムで安眠効果を実感!?

ラクティウムで安眠効果を実感!?

赤ちゃんのミルクから生まれた「ラクティウム」の安眠効果とは?!

 

「ラクティウム」は、リラックス効果があるとされるデカペプチドという成分を含むミルクたんぱく加水分解物です。赤ちゃんがミルクを飲むと、ミルクに含まれているタンパク質・カゼインはトリプシンという酵素で加水分解され、デカペプチドを作り出します。

 

そもそもこの「ラクティウム」は、「母親の母乳を赤ちゃんが飲むと安らかになるのか?」この謎から検証が始まったのが最初です。それから、研究や開発が進み長い年月をかけて、特定のペプチド(デカペプチド)が乳タンパク質を加水分解した際に発生し安眠効果やリラックス効果が現れるという結果がでました。

 

このため、ミルクを飲んだ赤ちゃんは幸せそうにリラックスして、深い眠りへと入っていきます。ところが、成長するにつれてタンパク質を分解するトリプシンはペプシンに変化し、デカペプチドが生成されにくくなってしまいます。

 

そこで、大人もデカペプチドのリラックス効果を得るために開発されたのがラクティウムというわけです。

 

ラクティウムは、ストレスホルモンである血中コルチゾールを低下、血圧も安定させてストレスを緩和する役割があります。
また、ストレスを抑え不安を取り除くことで寝つきを良くし、リラックスして熟睡できるという効果も期待されています。

 

ラクティウムを摂取することで、睡眠時間が25%長くなったという研究結果もあり、途中で何度も目覚めてしまうといった睡眠障害も起こりにくくなるようです。

 

また、それ以外でも、

 

  • 慢性的なストレスになどよる消化器官の障害や慢性的な痛み
  • 記憶及び集中力障害
  • 不眠や仮眠などの睡眠障害
  • 不規則な体重の管理
  • 人間関係などの不安やストレス
  • 飲酒、喫煙などの身体の緊張状態の持続
  • 不安定な情緒

 

などにも効果が発揮されるというデータも出ています。

 

ラクティウムで安眠効果を得るためには、1日に最低でも150rを摂取したいですから、グリシンサプリメントを選ぶときには配合量の多さをぜひ確認して1日で摂取できるグリシンサプリを選ぶようにしましょう。

 

⇒ラクティウム配合のグリシンサプリランキングはこちら!!


ホーム RSS購読 サイトマップ